アイテム

【素材戦争!?】スノーボード用プロテクターに1番向いている素材は何か?

 

こんにちは、かとたか(@kat0taka)です。

 

かとたか
かとたか
この記事ではスノーボード用のプロテクターを買おうと考えている人に、価格や口コミだけでなく、プロテクターに使われている素材性能の科学的根拠を確認して選ぶことにも着目し、紹介していきます。一つの選択基準として考えて頂けたらと思います。

 

プロテクターが欲しい理由は人それぞれだと思います。

スノボ初心者
スノボ初心者
やっぱり初心者だしプロテクターを付けて滑りたい
スノボ上級者
スノボ上級者
ハーフパイプの練習するから欲しい
かとたか
かとたか
共通しているのは怪我を避けて、痛くないようにしたい!この思いは共通しているよね。

 

ですが痛みを抑えるためにモコモコのクッションで分厚いプロテクターやガチガチに固められたプロテクターだと動きにくくなってしまいます。

スノボ初心者
スノボ初心者
どんなプロテクターが良いんだろう

 

ではどのプロテクターが一番バランスの良いものと言えるのか?

 

それをプロテクターに使用される素材の性能から考えていきたいと思います。

 

プロテクターに使用される新素材

 

昔のスノーボード用のプロテクターは、とりあえず硬くして、強度を高める「亀」のようなプロテクターがほとんどだったようです。

 

ですが技術力が進歩して、新しい高機能素材が開発され、それがプロテクターに使われるようになってきました。

 

新素材はプロテクターは設計の自由度を上げて着用する人がより快適に使用できるように考えられています。

スノボ初心者
スノボ初心者
わーい!楽に付けたーい!
かとたか
かとたか
スノーボードのプロテクターでよく目にする素材を紹介します。

 

PORON XRD

 

アメリカにあるロジャースコーポレーションが開発した、高機能素材がPORON XRDです。

 

PORON XRD自体は黄色の素材です。そのためPORON XRDを使用しているプロテクターは黄色をメインとしたデザインになっていることが多いです。

 

PORON XRDは衝撃を受けた時に分子構造を変化させ、硬くなり、衝撃を吸収します。

 

その後はまた硬さは元に戻り、柔らかい状態に戻ります。

 

衝撃が加わる時だけ硬くなり、それ以外の時は柔らかいということですね。

 

どの位の衝撃吸収力があるかは以下動画を見るとわかりやすいです。

 

 

 

Geogleで「PORON XRD」と検索すると「約937,000件」だったので認知度についてはそこそこのようです。

 

PORON XRDを使用したプロテクター


鎧武者という会社が「PORON XRD」を使用しています。値段は2万円ほどするので、やはり新素材を使用したプロテクターは高級品になっています。

バイクのプロテクターとしても使えるようです。

 

 

D3O

 

イギリスのD3O® lab社が開発、製造するのがD3Oです。

 

D3Oの特徴は、簡単にいえば衝撃の強さで硬くなる硬さが変化する素材です。

 

D3OもPORON XRDと同じで、衝撃が加わった時に分子構造を変化させて硬くなります。

 

何も衝撃が加わっていないときは柔らかく、強い衝撃を受けると、瞬時に分子構造が変化して硬くなり、衝撃を吸収します。

 

D3Oはオレンジ色なので、衝撃吸収材がオレンジ色ならばD3Oだとわかります。

 

D3Oの衝撃吸収効果は以下動画で確認することができます。

 

 

スノボ初心者
スノボ初心者
普通にD3Oで遊んでみたい!
かとたか
かとたか
これがスノーボード用のプロテクターに使用されていると思うと凄いよね!

 

日本のテレビでも紹介されたことがあるようですので、PORON XRDより認知度は高いようです。

 

Googleの検索でも「D3O」は「約4,540,000件」となり、PORON XRDto比較しても4〜5倍の検索結果となりました。

 

D3Oを使用したプロテクター

 

D3Oを使用したスノーボード用のプロテクターとして売られているのは、Xion Protective Gearしかないようです。

 

EVA FORM

 

EVAとは、Ethylene-Vinyl Acetatのことでエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂の略称です。

 

ポリエチレンよりも柔軟性と弾力性を持つ素材で、プロテクターにも一番広く使用されている素材です。

 

PORON XRDやD3Oのような、高機能素材というわけではなく、ただ柔らかく、弾力性のある素材となっています。

 

EVA FOAMとPORON XRDを比較している動画があります。

 

スノボ初心者
スノボ初心者
なんか・・素材の厚さが違うと思うんですけど・・・
かとたか
かとたか
確かに不公平感は否めないけれど、PORON XRDの方が衝撃を吸収していることはわかるね!

 

EVA ROAMを使用したプロテクター


EVA FOAMの衝撃吸収力はPORON XRDやD3Oと比較すると弱いですが、価格は一番安いです。

 

1万円を超えるものはないでしょうか。安いと 5,000円以下のプロテクターも見つかります。

 

結局どの素材が一番良いのか?

 

初心者の方はどのプロテクターを選べばいいか迷ってしまう場合は以下記事を読んでみてください。

【鉄壁!】初めてスノーボードする人が買うべきオススメのプロテクター【初心者】下半身インナー編初めてスノーボードに行く人が買うべきもの、レンタルするべきものを判断できるように分かりやすく説明します。...

 

他にも面白い論文が発表されています。

 

Poron XRD、D3O、EVA FOAM、レザーや他の素材の衝撃吸収力が厚さによって変動することを示しています。

At 15 mm thickness, all the synthetic materials provide good protection at a level significantly better
than 5 layers of the leather.

(中略)

At 10 mm thickness, the EVA Foam is similar to an equivalent thickness of leather but the peak forces
observed are about twice those obtained with Poron XRD, D3O and GPhlex

(中略)

With the 5mm thickness samples, there are three types of behaviour. D3O and GPhlex are the best
performing materials. Poron XRD behaves much the same as leather, and the EVA Foam provides
very little protection.

引用:e-space │ Impact resistant materials and Design Principles for Sportswear

 

かとたか
かとたか
簡単にいうと、厚みが15mmほどあれば素材の違いに関係なく高い衝撃吸収力を示すけど、厚みが少ない5mmの場合はD3Oが圧倒的に衝撃吸収力が高いことがわかったそうです。
スノボ初心者
スノボ初心者
厚みが10mm以上あれば、多くの素材で高い衝撃吸収力がみられるわけですね!
かとたか
かとたか
新素材については厚みを確認する必要がありそうだね!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

プロテクターを選ぶ一つの考えとして、プロテクターの素材からアプローチしました。

 

PORON XRDとD3Oはバイクのプロテクターにも使用されるくらいですので、は素材としてもかなり優秀のようです。

 

最後にポイントを記載しておきます。

・プロテクターの衝撃吸収材の厚みが10〜15mmを選ぶ。

・5mmであってもD3Oは高い効果を発揮する。